川井郁子/ナチュール 【自然の息吹を感じる爽やか&癒しのバイオリンCD~試聴&紹介】 | 癒しの音楽試聴♪イチオシ!ヒーリングミュージック

極上の癒し系音楽・ヒーリングCDを、無料試聴&動画視聴ページと共に紹介。 CD最新リリース情報・売上ランキングも随時更新!
♪ ヒーリングCDリリース情報(2017年1~6月) ~ 試聴&紹介 ♪

♪ ヒーリングCD最新売上ランキング Best 5 ~ 試聴&紹介 ♪




今回は、バイオリニスト、川井郁子(かわいいくこ)さんの
癒しベスト盤、『ナチュール(Nature)』 を紹介します。

川井さんは、今までに、ソリストとして、国内外の主要
オーケストラと共演し、また、作曲家としても、様々な
ジャンルの楽曲作りに携わってきています。

※川井郁子さん公式サイト

川井さんの名前が、一躍注目を浴びたのが2003年。

フィギュア・スケート世界選手権(女子)で、アメリカの
ミッシェル・クワン選手が、川井さん編曲・演奏の、
「アランフェス協奏曲(レッド・ヴァイオリン)」を使用
して、見事に優勝。


クワン選手の「伝説」といわれた演技と、川井さんの
伸びやかなバイオリンの音色との絶妙なコラボが、
世界中のスケート・ファンを魅了しました。


※ミッシェル・クワン選手の2003年世界選手権での演技


■川井郁子さん演奏による 「アランフェス協奏曲(レッド・バイオリン)」
 『アパッショナータ』 に収録)


現在は、テレビ東京系の音楽番組、「ミューズの晩餐」
(毎週土曜22:30~)の司会&演奏もされているので、
そちらでご存知の方もいるかもしれません。

そんな川井さんが、今年9月に、これまでの活動の
集大成ともいえる2枚のベスト盤をリリースしました。

1枚は、「アランフェス協奏曲」を含む、クラシック名曲を
情熱的に奏でた
【動】のベスト盤『アパッショナータ』

♪CD試聴ページ♪ (うまく試聴できない場合は、コチラ

※CD曲目リスト・解説

そしてもう1枚が、今回イチオシ癒しCDとして紹介する、
自然をテーマにしたオリジナル楽曲をメインに収録した
【静】のベスト盤『ナチュール』 です。

♪CD試聴ページ♪ (うまく試聴できない場合は、コチラ

※CD曲目リスト・解説

爽やか&穏やかなメロディの楽曲で構成されていて、
伸びやかなバイオリンの音色が、風に揺れる木の葉、
川のせせらぎなど、自然の息吹を感じさせてくれます。


1曲目には、香川県高松市出身の川井さんが、同市の
日本庭園、栗林公園をイメージして作曲した「水百景」
が収録されていますが、まさに、【自然を感じる曲】
なので、ぜひ、下記試聴動画で聴いてみてください。

■川井郁子/水百景 『ナチュール』 1曲目に収録)


この曲と11曲目の「モーニング・トゥ・ザ・フューチャー」が
速めのテンポですが、他は穏やかなテンポ&メロディです。

下記に、穏やかな方の曲(ピアノとの癒しコラボ曲)、
「コバルト・ムーン」の試聴動画を載せておきます。

■川井郁子/コバルト・ムーン 『ナチュール』 13曲目に収録)


他にも、素敵な癒し曲が多く収録されているので、ぜひ
チェックしてみてください。 ^^


♪CD試聴ページ♪ (うまく試聴できない場合は、コチラ

★CD曲目リスト・解説★
  ↓↓

『ナチュール』
CD曲目リスト・解説


  ↓青リンゴをクリックすると、真っ赤に完熟します♪
 クリックして、りんごを完熟させてね♪   ヒーリングミュージックブログ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
>縁さん
私はあまりフィギュアスケートのことは詳しくないですが、トップアーティストが楽曲提供しているケースも結構あるのかもしれませんね。
川井郁子さんの『ナチュール』は、バイオリンのCDでは珍しく、(一部テンポが速い曲があるにも関わらず)夜寝るときに流しても、あまり違和感がないので、お気に入りです。 ^^
2009/11/13(金) 18:19 | URL | りぃみぃ>縁さん #jI5XCJ0.[ 編集]
「ミスパーフェクト」ミッシェル・クワンに楽曲を?初めて知りました。@@
とても素敵で…川井郁子さん知りませんでした。
【自然を感じる曲】も動画と共に一層音を引き立てていますね!
これは…イケル!と感じました。^^
じっくり聴きたいと思います。
今回も素敵なご紹介をありがとうございます。
2009/11/11(水) 23:33 | URL | 縁 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riimii.blog80.fc2.com/tb.php/405-c6525d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック