1Q84(村上春樹)に出てくるクラシックCD試聴&動画視聴~『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク:シンフォニエッタ』 | 癒しの音楽試聴♪イチオシ!ヒーリングミュージック

極上の癒し系音楽・ヒーリングCDを、無料試聴&動画視聴ページと共に紹介。 CD最新リリース情報・売上ランキングも随時更新!
♪ ヒーリングCD最新売上ランキング Best 5 ~ 試聴&紹介 ♪

♪ ヒーリングCDリリース情報(2017年1~6月) ~ 試聴&紹介 ♪




↓青リンゴをクリックすると、真っ赤に完熟します♪ (ランキングサイトが開きます)

 クリックして、りんごを完熟させてね♪   ヒーリングミュージックブログ
IQ84 ヤナーチェック 1984 むらかみはるき クリーブランド管弦楽団 ユーチューブ The Cleveland Orchestra
今超話題の村上春樹の最新作、『1Q84』

この作品のモチーフになっていて、主人公の青豆も
作品内で購入している、クラシック作品(LP)のCD版、

『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク : シンフォニエッタ』
が、大人気&品薄状態だそうです。

YouTubeに演奏動画があったので、聴いてみましたが、
優雅な楽曲&演奏で、なかなかよかったです。

記事の最後に、動画とCD試聴ページを載せておいたので、
よかったら聴いてみてください。 ^^


↓参考記事(Yahooニュース)
-----------------------------------------------------------
■村上春樹の最新作 「1Q84」 を追う、
 『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク : シンフォニエッタ』

日本文学史上最高の発行部数を記録し、社会現象となっている
村上春樹の最新作
「1Q84」

全国で売り切れ品薄となっている状況は皆さんご存知の通りだが、
その人気を追う様に、あるCDが市場から蒸発、生産が追い付かず
ただ今品切れ中となっているのをご存知だろうか。

そのCDとは、ジョージ・セル指揮による
『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク : シンフォニエッタ』
である。
既に「1Q84」を読まれた方であれば、至極納得のところであろう。

「1Q84」では、ヤナーチェクの作品「シンフォニエッタ」が物語の
モチーフとなっている。

作品冒頭では同曲を聴く状況描写があり、その後も繰り返し
「シンフォニエッタ」は登場、主人公がジョージ・セル指揮
クリーヴランド管弦楽団の演奏による作品(LP)を購入する
シーンまで出てくるのだ。

その作品こそ、
『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク : シンフォニエッタ』
である。

読み進んでいく中で、実在するこのCDを聴きたくなるのも至極当然、
多くの人が購入衝動に駆られるものの、市場に残っていた作品は
すぐに枯渇し、現在は生産待ちという状況となってしまったのである。

この作品の指揮を取るジョージ・セルは、1929年から37年にかけて
プラハのドイツ歌劇場(現プラハ国立歌劇場)の音楽監督を務めていた
こともあり、チェコ音楽を好んで取り上げてきた。
「シンフォニエッタ」は、セルが録音した唯一のヤナーチェクの作品
であるが、彼の卓越した指揮能力が凝縮された名演である。
クリーヴランド管も輝かしい冒頭のファンファーレに始まり全曲を
通してどのセクションも明快で、同時に精緻なアンサンブルを
形づくっている。


バルトークの「管弦楽のための協奏曲」は、終楽章の大胆なカット
(426~555小節)とカット前に418小節のフレーズを4回繰り返すと
いうセル独自の演奏により、音楽評論家からは黙殺されているが、
とにもかくにも素晴らしい演奏である。


ジョージ・セルは1944年12月の世界初演から1年1ヶ月後の1946年
1月にはすでにこの曲をクリーヴランド管とニューヨーク・フィルと演奏、
以来この曲をレパートリーにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000055-bark-musi
-----------------------------------------------------------

バルトーク/管弦楽のための協奏曲 (Bartok Concerto for Orchestra)
 (Ⅰ~Ⅴの全5曲・・・↓の左右にあるボタンで切り替えられます)


ヤナーチェック/シンフォニエッタ (Janacek Sinfonietta I : Fanfare)


『バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ヤナーチェク:シンフォニエッタ』 試聴
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riimii.blog80.fc2.com/tb.php/375-06f3b99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック