路上生活児からノーベル賞学者へ=カペッキ博士の波乱人生 | 癒しの音楽試聴♪イチオシ!ヒーリングミュージック

極上の癒し系音楽・ヒーリングCDを、無料試聴&動画視聴ページと共に紹介。 CD最新リリース情報・売上ランキングも随時更新!
♪ ヒーリングCD最新売上ランキング Best 5 ~ 試聴&紹介 ♪

♪ ヒーリングCDリリース情報(2017年1~6月) ~ 試聴&紹介 ♪




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノックアウトマウス(knockout mice)とは、特定の遺伝子の機能を
失わせたマウスのことですが、マリオ・カペッキ(Mario Capecchi)氏
らが、人間の病気を複製した実験用マウスを作成する方法を発見した
功績が認められ、今回ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

この実験用ノックアウトマウスは、アルツハイマーやガンの
原因解明や、新薬の実験などに利用されています。


多少でも生物・遺伝子系に携わったことのある人(←自分 ^^;)
にとっては、割とお馴染みのマウス君です。

ただでさえすごい業績ですが、カペッキ氏は、子供の頃、
ストリートチルドレンだったとか。

こういうニュース(下記)を見ると、何だかうれしくなりますね。 ^^

--------------------------------------------------------------

■路上生活児からノーベル賞学者へ=カペッキ博士の波乱人生

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000097-jij-int
10月11日17時1分配信 時事通信

ストリートチルドレンからノーベル賞学者へ-。

ノーベル医学・生理学賞の受賞が8日に決まったばかりの
米ユタ大のマリオ・カペッキ博士(70)=米国籍=の波瀾
万丈の経歴に全米の注目が集まっている。

報道によると、博士はイタリア生まれ。

第二次大戦中の3歳の時、詩人だった母親は、反ファシスト
運動に参加したとして秘密警察に連行され、強制収容所へ
送られた。

母親は未婚で、マリオ少年は農家に預けられたものの、
程なく農家の困窮した生活から脱出、4歳半で「路上に
飛び出した」という。

物ごいや盗みを働き、必死に生き抜いた。

転機は9歳の時。栄養失調で運び込まれた病院に、終戦で
収容所から生還した母親が迎えに現れた。

母子は親族の招きで渡米。マリオ少年が生まれて初めて
登校したのは米国に到着した翌日だった。

名門ハーバード大で博士号を取得したカペッキ博士は
その後、特定の遺伝子の機能を失わせた「ノックアウト
マウス」
を作ることに成功。

病気の原因解明などに幅広く貢献する技術を確立し、
今回の受賞につながった。

博士と旧知の教授は米紙に、博士は実現困難と批判されても、
「重要課題を追究する強靱(きょうじん)な意志を持っていた」
と語った。

「不可能なことは何もない」が博士の信条という。

--------------------------------------------------------------

★関連記事・・・マウス遺伝子操作の米英3人に=ノーベル医学・生理学賞

★気になるブログランキング、今何位!?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riimii.blog80.fc2.com/tb.php/190-7ee62c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。